子犬販売業者の種類

子犬を販売している場所として、第一に挙げられるのがペットショップになります。ペットショップには、犬だけでなく猫などの哺乳類から爬虫類まで、様々な動物が揃っています。もちろんその種類の数はペットショップの規模にもよりますが、犬を置いていないペットショップはほとんどないのではないかと思います。

ペットショップのメリットは、一度に様々な種類の犬を見ることができることです。しかし、特に陳列型のお店になると販売されている子犬がストレスを感じていることが多いです。また、犬とひとまとめにして販売しているため、犬種ごとの知識などが乏しいと言ったデメリットが挙げられます。

犬種ごとの知識が豊富なのは、ブリーダーになります。ブリーダーはその反面、たくさんの犬種の子犬を販売するということはしませんが、既に欲しい犬が決まっている方が多いと思いますのでデメリットにはならないと思います。具体的に購入予定の犬種が決まっているのであれば、まずはその犬種を販売しているブリーダーを見つけましょう。